佐藤未希

SATO Miki

ms_02.jpg

夢  2021年
キャンバス、油彩、パネル 530x530mm

ms_03.jpg

眠気  2021年
キャンバス、油彩、パネル 727x606mm

佐藤未希 Miki Sato

1986 山形県生まれ

2009 東北芸術工科大学美術科洋画コース卒業 

2011 東北芸術工科大学大学院芸術工学研究科修士課程修了

2014 東北芸術工科大学大学院博士課程修了

           博士号(芸術工学)取得 

           東北文化研究センター研究員(2017)

 

個展 

2021 「佐藤未希 2010-2021」 (Yoshimi Arts/大阪) 

         「沈黙の声」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2019 「この顔をみたことがあるか」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2018 「佐藤未希展」 (ギャラリー椿/東京) 

2016 「DIVER」 _(Yoshimi Arts/大阪) 「佐藤未希展」

         (ギャラリー椿/東京) 

2015 「出で入るもの」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2014 「佐藤未希展」 (ギャラリー椿/東京)  

         N.E.blood21 Vol.51 「佐藤未希」展

         (リアス・アーク美術館/宮城) 

2013 東北芸術大学大学院 博士学位審査公開レビュー

         (悠創館/山形)

         「STRUCTURE/COSMOS」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2011 「1 breath, 2 contact」 _(Yoshimi Arts/大阪) 

         「佐藤未希展」 (ギャラリー椿/東京) 

2010 「Mountain Messenger」 _(Yoshimi Arts/大阪) 

 

主なグループ展 

2020 10周年記念展 「Decade vol.2」 (Yoshimi Arts/大阪) 

         10周年記念展 「Decade vol.1」 _(Yoshimi Arts/大阪)  

2015 「5th Anniversary Festival !!」 (Yoshimi Arts/大阪)    

         新進芸術家育成交流作品展 「FINE ART/UNIVERSITY

         SELECTION」 (茨城県つくば美術館/ 茨城) 

2012 「-spring fair-」 (ギャラリー椿/東京)  

         「Physical side II」 (Yoshimi Arts/大阪)   

         「Primitive [ in order ](秩序の中の原初)」

       (Yoshimi Arts/大阪) 

2011 「Insight "Repetition/反復II"」 (Yoshimi Arts/大阪)   

         「Insight "Repetition/反復"」

         (ART OSAKA/ホテルグランヴィア大阪/大阪)     

         「佐藤未希+上出長右衛門窯 展」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2010 「Yoshimi Arts opening exhibition “0+”@KAM」

         (KOBE ART MARCHE - Yoshimi Arts

         /神戸ポートピアホテル/兵庫)

         「Yoshimi Arts opening exhibition “0+”」

          (Yoshimi Arts/大阪) 

2009 「表層の冒険者たち-Vol.4」

         (海岸通ギャラリーCASO/大阪)  

         「Art Smash-投げかけるアート-展」

         (ギャラリーQ/東京) 

         「perche展」 (銀座スルガ台画廊/東京) 2008 

         「シェル美術賞展」 (代官山ヒルサイドフォーラム/東京

         、京都市立美術館別館/京都) 

 

コレクション 

Japigozzi Collection、高橋コレクション、日南町美術館(鳥取)

 

作家コメント 

もっとも近く、もっとも遠い〈顔〉。 〈顔〉はつねに私という存在に触れていながら、決して私のうちに内包することのできないものである。そうした〈顔〉の絶対的他者性は、「対象」となることを否定し、対面において眼前に あるにもかかわらず不可視である。 あまりにも日常的で自明であるはずの〈顔〉は、その真理に触れようとすると、途端に永遠に掴むことができないのではないかという絶望を連れてくる。

しかし、〈顔〉による対面の本質であるこの了解不可能性、理解不可能性には、認識や思考、探究心の豊饒にして広大な地平、人間存在のありようと倫理の源泉をもまた見て取れるのだ。私はこの〈顔〉の本質とその豊かさを、〈顔〉と本質的に対極に位置付けれらる「表象」をこととする絵画において、いかに表し得るかを追い求めている。それは途方もなく困難で、酷く滑稽なのもしれないが。