齋藤僚太

SAITO Ryota

聖なる侵入.jpg

聖なる侵入

2017

木口木版画

20.2cm×16cm

まどろみ.jpg

まどろみ

2021

木口木版画

11.4cm×13.8cm

祈り.jpg

祈り

2021

木口木版画

14.5cm×10.3cm

略歴

齋藤僚太 山形県酒田市出身

2016年 東北芸術工科大学大学院 芸術工学研究科洋画研究領域 修了

現在 日本版画協会準会員

 

● 主な展覧会

2017年 東北の蕾ピュシスよりⅡ 4人展 大森弘之 齋藤僚太 平                       野有花 真栄城理子 (養清堂画廊)

            ピュシスⅥ 萌芽する版画家たち(東京 養清堂画廊 福島 鏡石               鹿嶋神社参集堂 新潟 羊画廊 山形 彩画堂2Fギャラ                   リー) 

            リトルクリスマス 小さな版画展(全国39か所) 

            そばにいて…展 (養清堂画廊)

            刀で描く‐無限に広がる木版画 (東京アメリカンクラブ)

            第61回 CWAJ現代版画展 (代官山ヒルサイド・フォーラム)

            第85回記念版画展 日本版画協会展 (東京都美術館)

            木版画による幻想世界 岡田育美 齋藤僚太 二人展 (松坂屋)

            夢のはじまり…展 作品と過ごす夢の時間 (養清堂画廊)

2018年 東北の蕾ピュシスよりⅢ 4人展 金子美早紀 大森弘之 

            齋藤僚太 平野有花 (養清堂画廊)

            香りに誘われて…展 (養清堂画廊) 

            THE HANGA 現代木版画特集 木口木版と板目木版

            (松坂屋 静岡店 本館6階美術画廊)  

            Pianissimo展 (JINEN GALLERY) 

            黒めて 黒を彩る(養清堂画廊) 

            小品展 small size works(養清堂画廊)

2019年 ピュシスⅧ 萌芽する版画家たち(養清堂画廊 羊画廊 

            鏡石鹿嶋神社参集殿 彩画堂2ギャラリー)

            ‐版四人展‐(JINEN GALLERY) 

            “pianissimo”三人展 (ART GALLERY MUSE)

            現代日本の木口木版作家展

            (GALLERY 星ヶ丘アートヴィレッジ) 

            ピュシス ウエスト5人展 萌えいづる版画家たち

            (ワイアートギャラリー) 

            19人の木版画展(ギャラリー恵風) 

            6Artists (養清堂画廊)

2020年 東北の蕾ピュシスよりⅤ(養清堂画廊) 

            ピュシスⅨ 萌芽する版画家たち

            (養清堂画廊 羊画廊 鹿嶋神社参集殿 大正館 恵埜画廊)  

            TOHOKU CALLING(東京都美術館)

    共鳴する刻‐木口木版画の現在地‐

            (CCGA現代グラフィックアートセンター) 

            セルビアミニプリント展 2020CWAJ Open Art Gallery

            (オンライン) 

            椿展in Porto 2020 (ポルトガル ソアレスドスレイス国立

            美術館 ポルト大学) 

            版画表現展 野口和洋 齋藤僚太(鏡石鹿島神社参集殿) 

            11月の記憶(彩画堂2階ギャラリー)

2021年 木口木版画の現在 6人展(ワイアートギャラリー)

            ピュシスX 萌芽する版画家たち(養清堂画廊 羊画廊 鹿嶋神社               参集殿 大正館 恵埜画廊 彩画堂2階ギャラリー)

            TUAD HANGA 20years YAMAGATA展(恵埜画廊)  

            ドローイング展(養清堂画廊)

● 主な出品・受賞歴

2015年 日本版画協会第83回 B部門奨励賞(80回賞候補、81回入選)

            第40回 全国大学版画展 収蔵賞

2016年 第22回 鹿沼市立 川上澄生木版画大賞展 審査委員特別賞

            (三木哲夫 選)(17回入選)                    

            2016年度 東北芸術工科大学 卒業・修了制作展

            山形市買い上げ賞

2017年 第23回 鹿沼市立 川上澄生木版画大賞展

            第61回 CWAJ現代版画展

            第85回記念版画展 版画協会展

2018年 日本版画協会第86回

2019年 日本版画協会第87回

 

作家コメント

彫り始める前に鏡面上に磨かれた版木をしばらく眺めたり、触ったりして心を落ち着かせます。いざ版を彫り始めるとあらゆる感情が動き出してきます。数時間かけても数センチしか進まない日もあれば、自分でも信じられない程ビュランがよく動いてくれる日もあります。刻々と過ぎ去っていく時間の中で、作品が動いて行く時間があまりにも遅く、焦りと緊張を全身で受けながら、それでも1ミリ以下の線を何千本と版に刻み付け、“木の板”から“版”へと少しずつ変わりゆく過程を楽しんでいます。