GAFの部屋 Schedule

多彩な表現者・研究者 によるレクチャー・シリーズ。

サロン的な雰囲気のなかで驚くべき芸術知の地平が望見される、現代版「芸術と驚異の部屋」

時 間 18:30   20:00

参加費 各回 ¥2000

​ワイン付き ¥3000

01

谷川渥の美学塾 美のバロキスム

 講師 谷川 渥

第1回 5月7日(金)

          芸術と驚異の部屋

第2回 6月4日(金)

          三島由紀夫の幻想美術館

第3回 7月2日(金)

          三島由紀夫ー薔薇のバロキスム

02

夢を映像に翻訳すること

講師 萩原朔美

第1回  5月14日(金)

        『遠いものは連結する』

第2回  6月11日(金)

        『神の視線、定点観測』

第3回  7月9日(金)

        『ドアの隙間、コーエン監督の映画』

03

アート・スパイラル・トーク Art Spiral Talk

講師 林 浩平

第1回  5月13日(木)

         『稲妻捕り』の詩学 — 加納光於と瀧口修造

​    詩的精神の共鳴をめぐって

第2回  6月19日(土)

         批評家ジョルジョ・アガンベンと

​         周辺の画家たちの世界

​    −ディータ―・コップとモニカ・フェッランド

第3回  7月15日(木)

         模像(シュミラークル)の美学

    −哲学ポルノ画家クロソウスキーとは誰か

02

Corpus―言葉と身体 講座

講師 志賀信夫

第1回  5月28日(金)

​         岩渕貞太 「コンテンポラリーダンスと舞踏」

第2回  6月25日(金)

         三浦一壮「舞踏と前衛の身体論」

​         

第3回  7月30日(金)

​         清水真理「人形という身体

03

夢魔に憑かれた現代アート

講師 相馬俊樹

第1回  5月21日(金)

         ハンス・ベルメール 生涯と芸術の核心

第2回  6月18日(金)

         シュルレアリスムと猟奇殺人

         シュルレアリスムのアメリカ/テリブル・サイド​

第3回  7月16日(金)

         現代の芸術表現におけるエロティシズムの展望

03

「かっこいい」の美学

講師 春木有亮

第1回  5月8日(土)

        「かっこいい」は、カックイイ - 熱狂と逸脱

第2回  6月5日(土)

        「かっこいい」は、恰好が良い - 様式と適合

第3回  7月3日(土)

        「かっこいい」は、かっこ悪い  - 逆説と流転

03

北のセーフイメージ -江戸の蝦夷絵画-

講師 春木晶子

第1回 6月12日(土)

        病と支配のアイヌ絵史-江戸・明治の疱瘡絵と夷画-

第2回 7月10日(土)

​        多重化するアイヌの肖像蠣崎波響《夷酋列像》の意味-

03

文学としての身体 日本文身(刺青)論序説  

講師 平井倫行

第1回 5月29日(土)

          日本文身(刺青)史概説

 

第2回 6月26日(土)

          歌川国芳と死生観の美術-文学(虚構)を「纏う」-

第3回​ 7月24日(土)

          刺青は「彫る」ものであるか-言葉と衣裳-

 
 
 
 
 
 
 
 

© 2021 G.ART FIELD